@wai_ya.com

Homebrewでrbenvを使ってのRuby2.1.2のインストールとnokogiriのインストール

2014.09.08 | Cats : Homebrew, Ruby

毎回調べてしまうので簡単に大まかな手順をメモ

記事を書いた当時のOSとインストールするツール

・MacOSX 10.9 – Marvericks
・Xcode
・Homebrew
・rbenv
・ruby

手順

1、Homebrewのインストール

下記公式URLからコマンドをコピーしてiTerm2やターミナルなどで実行
http://brew.sh/index_ja.html

下記コマンドで初期状態のチェック

brew doctor
brew update

brew doctor でエラーがでたときはエラーをもとに各所対処する
参考:Homebrewのエラーを治す

問題なければ一応 brew update でパッケージを最新状態に

2、Xcodeのインストール

AppStoreもしくはAppleのサイトからXcodeをインストール
Xcodeをインストールしたら Command Line Toolもインストールする

■ Xcode 5.0の場合
・Xcodeメニューの Open Developer Tool から More Developer Tools.. をクリック
・Appleのデベロッパーサイトへいくので、10.9の Command Line Tools をダウンロード
・イメージを実行してインストール

3、rbenvのインストール

brew install rbenv
brew install ruby-build
brew install rbenv-gemset
brew install rbenv-gem-rehash
brew install openssl

■パスの設定 .bash_profile や .bashrc 、zshをお使いの方は .zshrc 等にパスを記載

export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
if which rbenv > /dev/null; then eval "$(rbenv init -)"; fi

■rbenvの更新

rm -rf ~/.rbenv/plugins/ruby-build
git clone https://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

■readlineのインストール(バージョンは6.2.4)

cd /usr/local/
brew versions readline
git co 0181c8a/usr/local/Library/Formula/readline.rb(←6.2.4のバージョン)
brew install readline
brew link readline

参考:mac rbenv でirb日本語が化ける問題こんなかんじで解決しました

■Rubyのインストール

rbenv install --list #Rubyバージョンのチェック
CONFIGURE_OPTS="--with-readline-dir=`brew --prefix readline` --with-openssl-dir=`brew --prefix openssl` --with-iconv-dir=`brew --prefix libiconv` --with-gcc=clang" rbenv install 2.1.2
rbenv versions #DLしたRubyバージョン
rbenv global [設定するバージョン]
rbenv rehash

参考:Homebrewのインストールとrbenvのインストール Mac編

ほとんど、先人の知恵を手順通りにという感じですが、どなたかの参考になれば幸いです。

コメントを残す